入院する必要なし日帰りできる手軽なわきが治療

MENU

入院する必要なし日帰りできる手軽なわきが治療

 

独特な強い体臭になってしまう「わきが」の症状に、悩んでいるという方も少なくありません。人は体温調節のために出す汗と、緊張などストレスを感じた時に出る汗には違いがあります。

 

体温を調節する時に出る汗は、エクリン腺という汗腺から出るのが特徴です。エクリン腺は体全身にある汗腺で、この汗腺から出た汗の大半は水分となっています。緊張をした時に出る汗は、アポクリン腺という汗腺から出るのが特徴です。

 

わきがの症状とは

アポクリン腺はエクリン腺のように、体全身にある汗腺という訳ではありません。主に脇に多くある汗腺です。

 

アポクリン腺から分泌された汗には、タンパク質や鉄分、脂質にアンモニアなど様々な成分が含まれています。

 

この成分を肌にいる菌がエサとして分解するのですが、この時に強い臭いを発生させます。
わきがはアポクリン腺から出た汗を菌がエサとして、分解する際に発した臭いなのです。

 

アポクリン腺の数は個人差があり、数が多ければ多い程、体臭も強くなる傾向にあります。
症状が重度の場合、制汗剤などでケアしても体臭がしてしまう為、コンプレックスになってしまうケースもあるようです。

 

体臭を改善するにはクリニックでの治療を、検討してみる事をおすすめします。
形成外科や皮膚科、また美容皮膚科や美容外科で受けられる治療によって、強い体臭を改善出来るのです。
 
ただ、治療の中には入院を必要とする方法もあり、仕事をしつつ施術を受けるという事が難しい場合もあります。

 

長期にわたり安静にしなければいけない治療は受け難いですが、治療の中には日帰りで受けられる手軽な方法もあるので、1度クリニックに相談してみてはいかがでしょう。

 

入院を必要としない治療法

 

 

入院を必要としない治療法としては、ボトックス注射とミラドライが挙げられます。
ボトックス注射は名前に注射とつけられているように、注射で体臭を改善する治療法です。

 

ボツリヌス菌という食中毒の原因となる菌から作られた、特殊な薬剤をアポクリン腺が多くある脇部分に注入する施術を行います。

 

ボトックス注射で注入する薬剤は、アセチルコリンという神経伝達物質の働きを抑える効果があります。

 

脇に注入すると汗を出す指令を出す神経からの指令をブロックする為、汗の分泌量自体が減るのです。

 

菌のエサとなる汗の量が減った事で、体臭軽減に繋がります。
薬剤を注射器で注入するだけなので、施術時間はわずか5分から10分程度です。
治療にかかる費用は約10万円程度が相場です。

 

メスで皮膚を切開するといった外科的な手術も行わないので、ダウンタイムはほとんどなく、すぐに日常生活に戻れます。

 

仕事をしながらでも手軽に受けられる治療法として、ボトックス注射は治療で長い間休めないという方に選ばれています。

 

ただ、ボトックス注射は治療後、半永久的に体臭を軽減する事は出来ません。
徐々に効果が失われていくので、この点は注意しましょう。

 

一般的にボトックス注射で体臭を軽減できる期間は、半年から1年程度と言われています。
治療の効果をキープするのであれば、定期的にボトックス注射を受ける必要があります。

 

汗をかく量が増える夏場のみ、ボトックス注射で体臭をケアするという方法もおすすめです。
より、体臭軽減の効果を期待するのであれば、ミラドライという治療法も検討してみましょう。

 

ミラドライは画期的な治療法と言われており、近年施術を受けられるクリニックも増えてきました。

 

ミラドライはマイクロウェーブという電磁波エネルギーを、脇に照射して汗腺自体を破壊する治療法です。

 

マイクロウェーブは水分に反応する性質があり、水分を多く含む汗腺にマイクロウェーブが吸収されやすい仕組みとなっています。

 

マイクロウェーブを吸収した汗腺は高温となり、この熱で汗腺を壊すのです。
臭いの原因となるアポクリン腺自体が壊れてしまうため、体臭改善効果はとても優れています。
また、壊れてしまった汗腺は2度と再生しない事もあり、ミラドライは1回の治療で体臭改善効果がずっと続くという点も魅力です。

 

熱で汗腺を破壊すると聞くと火傷の不安もありますが、肌にマイクロウェーブを照射しても火傷を起こすという事はありません。

 

局所麻酔を施してからマイクロウェーブを照射しますので、施術中に痛みを感じるという事もほぼ無いでしょう。施術後、マイクロウェーブを照射した部分に赤みや、ヒリヒリとした痛みが出るかもしれません。
このような症状が出た場合は、肌をクールダウンさせると和らげる事が出来ます。

 

気になる費用ですが、まだ新しい治療法という事もあり健康保険が適用されないため、30万円から40万円程度が相場となっています。
 
この金額を聞くと高いと思われるかもしれませんが、体臭のコンプレックスを根本から改善できる治療法という事もあり、長い目で見るとお得と言えるかもしれません。

 

このように、入院しなくても受けられるわきが治療であれば、学校や仕事を長期間休む事なく施術を受けられるので、試してみやすいと思います。

関連ページ

皮膚にダメージが少ないわきが治療の方法とは
わきがの原因と治療法とはどのようなものがあるのでしょうか。またその注意点や選ぶポイントを紹介しています。ここでは皮膚にダメージが少ないわきが治療の方法についてまとめています
わきが治療の中で最も効果の高い方法
わきがの原因と治療法とはどのようなものがあるのでしょうか。またその注意点や選ぶポイントを紹介しています。ここではわきが治療の中で最も効果の高い方法についてまとめています
においや汗ジミなどの汗に関する悩みを解消させる
わきがの原因と治療法とはどのようなものがあるのでしょうか。またその注意点や選ぶポイントを紹介しています。ここではにおいや汗ジミなどの汗に関する悩みを解消についてまとめています
わきが治療の流れはどんな感じ?
わきがの原因と治療法とはどのようなものがあるのでしょうか。またその注意点や選ぶポイントを紹介しています。ここではわきが治療の流れについてまとめています