わきが治療の種類と再発の少ない方法と選び方

MENU

 

通常の汗臭さと違って強力な臭いを発するのが、わきがの特徴です。この症状は他人から移されたり、不衛生にしているから発症するわけではなく、生まれ持った汗腺の種類が大きく関わってきます。

 

汗腺とは汗が出る皮膚の穴の部分を指す言葉ですが、エクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類が存在します。この内でわきがに関係するのがアポクリン汗腺です。

 

この汗腺の働きを抑えることを、わきが治療では目標にしています。治療をすることで独特な嫌な臭いを減少させることが可能です。

 

わきが治療の種類

エクリン汗腺は普通の汗の成分が分泌されます。運動したり、気温が高い時に掻く汗の臭さはエクリン汗腺が引き起こします。アポクリン汗腺も同じような理由から汗の成分が分泌されます。

 

実はこの成分自体には不快な臭いはほとんどありません。皮膚の表面に出た時に、周囲の皮脂汚れや雑菌などが結びつくことで、強力な臭いを発する仕組みになっています。

 

アポクリン汗腺からの分泌物を抑えることができるわきが治療には、多くの種類が存在します。その中には再発の少ないもの、再び症状が出やすいものなどが存在します。

 
現在の医療技術において再発が最も少ないのが、切除法と剪除法という手術です。アポクリン汗腺を根こそぎ取り除ける確率が高く、再び症状が起こるリスクがとても少ないと評判です。

 

切除法は比較的古い手術方法で、わきのむだ毛ごと切除します。アポクリン汗腺を取り除けますが、同時にわき毛も取り除き、再び生えてくることがなくなりますので、わき毛がなくなってしまうのが困る人には不向きです。

 

大体5センチくらいを切除します。負担が大きな施術ですので今は切除法より、もう一つの剪除法が主流になっています。

 

剪除法ではハサミのような医療器具を用います。皮膚を少し切開して、ハサミのようなものでアポクリン汗腺を丁寧に取り除いていきます。切開する手術ではあるものの、医者の技術が高ければほとんど傷跡が残らない優れた治療方法です。切除法のように皮膚を大きく取り除く心配がないため、ひきつれを起こすリスクがありません。
 
切除法も剪除法も保険適用になる範囲内の治療法ですので、金銭的な負担がとても軽度で済むメリットを持っています。おまけにわきがの症状が再び発生する確率が低いため、重度の症状を持つなら手術を検討しても良いでしょう。

 

剪除法であれば、4万円くらいでも治療を受けられます。手術は1日で終わるもので、入院する必要はほとんどの例でありません。

 

切開した部分は縫合することで元の状態に戻します。この間はガーゼなどで保護する形で日常生活を送ることになります。

 

おおよそ1〜2週間が経過した後に手術を受けた病院に訪れ、抜糸してもらいます。

 

再発の少ない方法と選び方

 

 

高い治療効果を持つ手術ですが、手術を受けたにも関わらず、再びわきがの臭いが強くなるという人もいます。剪除法でよく見られるケースですが、これはきちんとアポクリン汗腺を取り除けていない場合に起こるものです。
 
医者の技術に左右されやすい治療法だともいえます。評判の確かな病院を選ぶことが、最も重要だといえるでしょう。医者の技術を素人が事前に確認するのは至難の業ですが、技術の高いところは実績が豊富である傾向が強いことを覚えておくと判断しやすくなります。

 

切除法と剪除法は医者が目視でアポクリン汗腺を除去する方法ですが、目視をせずに特殊な機器を用いて治療する手術も存在します。

 

アポクリン汗腺を専用の機器で掻き出す皮下組織削除法や、カニューレを挿入してアポクリン汗腺を吸引する、皮下組織吸引法と呼ばれるものが存在します。目視で取り除く方法に比べると確実性にやや劣るため、再び臭いがきつくなるリスクが心配されます。但し、切開する手術よりも身体への負担が軽減されるメリットを持ちます。

 

傷跡のリスクや身体への負担が最小限に抑えられる、手術以外のわきが治療方法もあります。基本的にどの方法も保険適用外とあり、料金が高めになりやすいことを予め知っておきましょう。アポクリン汗腺を除去するというよりも、働きを抑える目的で受けることになります。

 

比較的臭いが軽度な人、汗止めクリームなどで十分に対策ができる人に向いている治療法です。

 

ボトックス注射は美容皮膚科のしわ取り治療でよく用いられるものです。筋肉を弛緩させる効果がありますが、汗腺から汗が流れるのを抑える作用も持っています。

 

患部に注射器で薬剤を注入するだけで終わる、簡単な方法です。

 

保険適用外でありながら、3万円程度でも受けられる安さを誇ります。効果は半年〜1年くらいですので、気になる時に再び施術を受ける流れになります。

 

レーザーを汗腺に照射して治療する施術は、短時間で終わるのがメリットです。5分程度で完了します。7万5000円〜15万円くらいの費用です。

 

毛穴の奥に針を挿入し、電気を流すことで汗腺の働きを抑えるのが電気凝固法です。10万円程度の治療費で、数回の施術を受けることで効果を発揮してくれます。

関連ページ

短時間で施術を行えるボトックス注射とは
わきがの原因と治療法とはどのようなものがあるのでしょうか。またその注意点や選ぶポイントを紹介しています。ここでは短時間で施術を行えるボトックス注射についてまとめています
多汗症の悩みはミラドライで解消
わきがの原因と治療法とはどのようなものがあるのでしょうか。またその注意点や選ぶポイントを紹介しています。ここでは多汗症の悩みはミラドライで解消についてまとめています
高品質・低価格で安心のわきが治療を探す方法
わきがの原因と治療法とはどのようなものがあるのでしょうか。またその注意点や選ぶポイントを紹介しています。ここでは高品質・低価格で安心のわきが治療を探す方法についてまとめています
わきが治療の無料カウンセリングを受けられるクリニックの特徴
わきがの原因と治療法とはどのようなものがあるのでしょうか。またその注意点や選ぶポイントを紹介しています。ここではわきが治療の無料カウンセリングを受けられるクリニックの特徴についてまとめています
おすすめの病院でのわきが治療と口コミ
わきがの原因と治療法とはどのようなものがあるのでしょうか。またその注意点や選ぶポイントを紹介しています。ここではおすすめの病院でのわきが治療と口コミについてまとめています
わきがの治療クリニックを選ぶ為のポイント
わきがの原因と治療法とはどのようなものがあるのでしょうか。またその注意点や選ぶポイントを紹介しています。ここではわきがの治療クリニックを選ぶ為のポイントについてまとめています